3種類の犬種のトイレ・待て・拾い食いのしつけ【体験談】

柴犬・ゴールデンレトリーバー・チワワ3ヶ月~6カ月トイレ・マーキングをしないこと・食事の前に待つこと・拾い食いなど・・・のしつけ体験談をご紹介します。

チワワ2匹のマーキングどうすれば

現在の一番の悩みは雄犬のチワワ2匹のマーキングです。

DVDや書籍を購入して色々と試しましたが、何度やめさせようとしても失敗しています。

どちらのチワワも3か月の時に我が家に来ました。年齢差は1カ月です。

だから、一緒に育てた月年齢は3か月と4カ月でした。

最初は2匹を別のサークルに入れて、サークル内のトイレを各自使っていました。

最初はサークル内で2匹ともトイレを使って失敗は少なかった。

しかし、6カ月と7カ月になった時に、一緒に過ごすようになってから、徐々にトイレの失敗が増えてきました。

そして、1歳を過ぎた頃から2匹の仲が険悪になってきて、1カ月上の最初の雄犬が後から来た犬を威嚇していじめるようになり、そのあたりから、2匹がそれぞれ好きなところ、特に自分のテリトリー内でマーキングを始めました。

プロ集団のしつけ方法は確実

私は3種類(柴犬・ゴールデンレトリーバー・チワワ)の犬種を飼って、4匹の犬を育ててきました。

それで、重要なことが分かってきました。しつけを成功させるためには、最初に犬種の違いを知って、犬種の特徴を理解した上で飼うべきだと思いました。

それは、私の失敗体験も含めて犬種の特徴をよく勉強してから飼わないと、しつけに失敗するだけではなく、犬の健康状態に悪影響を及ぼします。

ですから、しつけに一番必要なことは、犬を飼おうと家族またはご自分1人であっても、しっかりと犬についての予備知識を持っているべきです。

そして、ご家族と一緒に暮らしている人、特に小さいお子様のいらっしゃるご家族さんは、迎え入れる犬種を検討する際は、家族で十分話し合って、犬に対する勉強もしておくべきだと思います。

その上で、犬を迎え入れて幼犬からしつけを行うと失敗がないと思います。

もしも、経済的余裕がある方は犬のしつけ教室を利用するか、犬のしつけを教えてくださる教室に参加するのが確実だと思います。

プロ集団はのしつけ方法は素人が本やDVDで勉強するより確実で早いと思います。

ゴールデンレトリーバーは3か月からしつけを・・

大型犬のゴールデンレトリーバーを飼っていた時は、3か月からしつけをしました。

最初に行ったのは遠吠えや無駄吠えをしないことです。

当時はマンション住まいだったので、犬の無駄吠えでご近所に迷惑をかけないこように神経を使っていました。

それは、犬にとって可哀そうだとは思ったのですが、一戸建てを購入する前の段階でしたので、吠えることに対して厳しくしつけました。

それが良かったがどうか分からないのですが、犬にストレスを与えてしまうのではないかと、それが、一番のデメリットでした。

その後、犬が1歳の頃から一戸建てに引っ越しました。

そしたら、マンション住まいの時には、しつけの効果で一切吠えなかったのですが、一戸建てに引っ越した当日から大きな声で吠えるようになりました。

賢い犬だったので、「この広い家では吠えても良い。」と分かって吠えたのだと思います。

一戸建ての家の周囲の家では、殆どの方が大型犬や中型犬を飼っておられたので、ゴールデンレトリーバーは他の家の犬の吠える声を聞いて、自分も吠えても良いと思ったようでした。

やはり、本来吠える犬を無理やりしつけて神経質に無駄吠えをやめさせようとしたことは間違いだったと思います。

散歩時の拾い食いには困った

私がしつけで一番重視したことは、散歩時の拾い食いでした。

以前、ゴールデンレトリーバーが小学校の前の道で、小学生の給食に出されるコッペパンを拾って一瞬のうちに口にくわえてしまいました。

そのパンは細長く太かったので、そのまま飲み込むと窒息死してしまいます。

私はゴールデンレトリーバーの頭を抑えつけて、口の中に手を入れて無理やりパンを抜き取りました。

賢い犬でしたが、本能に負けて飼い主の「ダメ、出しなさい!」の声を聞いても、くわえたパンを出そうとしませんでした。

そのパンは乾燥してカチカチに硬くなっていたので、より危険な状態でした。

私は必死で力づくで取り出したのですが、愛犬の死を覚悟して恐怖で汗が出ました。

もう、飲み込んで死んでしまうと思ったくらい、そのパンは硬く大きかったので、私は全身冷や汗状態で犬と格闘しました。

おかけで無事パンを取り出せましたが、私は初めて愛犬を思い切り叱りつけました。

普段、家の中では食事を目前にしても、きちんと待てる賢い犬でしたが、外出先では違ったのです。

その後は、外出先にもおやつを持参して「待て!」と「ダメ!」を教えて、拾い食いをやめさせることができました。

愛犬のしつけは愛情をもって

愛犬のしつけを成功させる基本は愛情だと思います。

そして、絶対にあきらめない姿勢です。犬種によっては、かなり根気がいりますし、しつけは決して簡単ではありません。

それで、諦めてしまうと、しつけに最適の時期を逃してしまいます。

それから、やはり重要なことは、犬を飼う前に犬種の特徴をしっかり勉強して予備知識をつけて、家族も一致団結して、しつけに取り組むことが必要です。

家族の中の一人だけの言うことを聞くようでは、小さいお子様が愛犬に噛まれるなどの事故が発生します。

犬は家族の中でも順位を決めて、誰がボスであるか分かっているのですが、ボスと認識した人だけの指示に従うだけでは、しつけは失敗です。

小さいお子様が「待て!」「お座り!」と言っても、ちゃんと従うようにボスと認識された人が家族と一緒にしつけを行うことが大切だと思います。

犬のしつけ教材比較

1 2 3
商品名 1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材 「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット ダメ犬脱出、藤井聡の犬のしつけ方法【日本一のカリスマ訓練士 藤井聡 指導】
特 徴 犬の問題行動の根本的原因を突き止めることが出来れば、短時間でしつけをすることができるのです。 TVチャンピオン優勝者、森田誠が動画で犬のしつけ方を伝授。犬種や性格別のしつけ。 テレビ出演多数たった3つのことで愛犬の問題行動は改善するしつけ
購入後サポート ×
内 容 DVD15枚相当1260分 DVD2枚 マニュアル DVD3枚
価 格 19800円 16000円 21700円